PCデスクのタイプ

机の上にパソコンを置いてしまえば、それは立派なPCデスクということもできるでしょうが、ここではPC用につくられたデスクのタイプについてご紹介したいと思います。まず大まかに分けるとハイタイプとロータイプがあります。

ハイタイプ

天板の位置が高く、椅子に座って使用するタイプです。収納や機能性に優れています。ただ椅子が必要で、場所もとるため部屋のスペースを考える必要があります。作業するときは椅子派という方は、まずはコチラを選びます。

ロータイプ

天板の位置が低く、床に座って作業するタイプです。デスクの高さが低いので、上にPCを置いても圧迫感を感じません。部屋を広く見せる効果があります。あまり部屋にスペースがなく、パソコンも小型で持ち運びも頻繁にする方はコチラがオススメです。

機能性によるタイプ分け

ハイタイプとロータイプでどちらが自分に合うか決めたら、さらに機能性を見て行きます。自分に合う機能性を兼ね備えたPCデスクをみつけましょう。

L字型タイプ(コーナータイプ)

部屋のレイアウト

最近のPCディスプレイの大きさを考えれば、やはりL字型のデスクがオススメです。理由は、ディスプレイとの距離がとれること、また作業スペースが広くとれるということです。奥行きが広いだけのデスクだと部屋の配置に困ってしまうのですが、L字型だと部屋の角に合わせれば案外おさまりよく配置できます。それでもかなりの面積を食ってしまうのは事実です。部屋の広さと相談しなければなりませんが、PCで作業を頻繁にされる方には、やはりオススメです。

ラックタイプ

L時型デスクが横の空間なら、こちらは縦の空間に重きを置いたタイプです。2段、3段と収納物を縦に積み上げて行く設計で、プリンターやFAXなどPC周辺機器を多く配置したい方には便利です。スペースを縦にとるので、部屋の面積を確保出来ます。ただ耐震性に不安な面もあります。

移動式タイプ

コチラは脚にキャスターがついていて、机の移動ができるというものです。デスク上が軽めで、部屋のレイアウトをよく変更される方にオススメです。 床の傷がきになったり、デスク上の重量が重目の方は安定性のあるものを選んだ方がいいでしょう。

分割タイプ

分割タイプは、L字型のデスクで、左右の切り離しが可能なものです。部屋に合わせて、L字にしたり、平行に並べたり、自由にレイアウトが変えられるものです。会議に使用したり多目的な使用を考えている方にオススメです。

ラップトップタイプ

このタイプは簡易的でデスク自体軽めのものも多く、デスクに自分が向かうというよりは、デスクの方を自分の状況に合わせるといったタイプです。インターネットを使うだけなど、PCを使って、軽く作業したい方にオススメです。

その他のチェックポイント

PCデスクには細かな機能がたくさんあります。ここではあると嬉しいチェックポイントをご紹介します。

  • ・キーボードスライダーは取り外し可能か
  • ・グラツキ防止機能はあるか
  • ・天板に角丸加工はしてあるか
  • ・高さ調節は可能か
  • ・コード穴は付いているか
  • ・デスクの下にワゴンを置くスペースはあるか
  • ・組み立ては簡単か
▲ TOP
Copyright © 2014 Pc-Desk.net All Rights reserved. Supported by 楽天ウェブサービス