デスクの最適の高さ

日本人に合う机の高さは大体70センチ、椅子は40センチといわれています。ただ日本人の体型も変わり、個人差もあると思います。

個人的に調べる目安としては、椅子の高さは身長の1/4、そして、椅子から机までに身長の1/6の間を空けるのが良いとされています。

実際に椅子に座り、机に腕をのせてみて肩にストレスがないか、足は踵まで地面につくか、チェックしてみるのがいいでしょう。

PCディスプレとの距離

最近のパソコンディスプレイは大型のものが多く、デスクの上に置くとなるとかなり圧迫感を感じるのではないでしょうか。ディスプレイとの距離は自分の腕の長さ、50cm〜60cmくらいはあけた方がいいとわれています。また、キーボードをの他に本やノートを広げるなど作業スペースの確保も考えられます。

そうなるとデスクの奥行きは60cmは欲しいものです。ただ60cmの奥行きをもつデスクとなると、大きめの部類になり、部屋の広さとの兼ね合いも気になるところです。そこで効果的にスペースが使えるのがL字型のデスクです。L字型のデスクを部屋のコーナーに置き、パソコンを斜めに置くというのも一つの手です。

ひとつ言えることは、PCデスクを選ぶときに重要なのは、横幅よりも奥行きだということです。

ディスプレを見る角度

パソコンの画面を見つめるときは、やや見下げる程度の角度が良いとされています。

▲ TOP
Copyright © 2014 Pc-Desk.net All Rights reserved. Supported by 楽天ウェブサービス